http://大川ひろし.jp一般社団法人 新協美術会 委員 一般社団法人 日本美術家連盟 会員

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
サブリミナル効果とは何か? 09:21
0

    作品集SHOPTOP

    「サブリミナル」は、sub「下」とlimen「閾(いき)」を合成した造語です。

    「閾(いき)」とは、ある知覚刺激が呈示されたときに、それを認識できるかどうかの境界のことです。

     

    例えば、前回乱暴に触れた「コカ・コーラ実験」の映像刺激を例にとって説明すると

    ある被験者が、2/100秒以上の長さでコカ・コーラの映像が表示されたらコカ・コーラを認識できるとします。

    それ以下だと認識できないとすると

    ・2/100秒が「閾値(いきち)」となり

    ・2/100秒未満が「サブリミナル(閾下)」

    ・2/100秒以上が「スプラリミナル(閾上)」となります。

     

    サブリミナル効果とは

    「顕在意識」では認識できなかった映像や音声などによって、「無意識」レベルで生体に何らかの影響を及ぼすことをいいます。

     

    サブリミナル効果を実証する場合、非常に重要なことは

    「認知科学」及び「心理学」「無意識」に関する知識と技術により、結果は大きく違ってくるということです。

    | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
    << NEW | TOP | OLD>>