http://大川ひろし.jp一般社団法人 新協美術会 委員 一般社団法人 日本美術家連盟 会員

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
再再再起動 23:27
0

    作品集SHOPTOP

    ブログをはじめて、これが何度目かの全面リセットになります。

     

    がしかし、

    私の日常を描こうとすると、ほとんど守秘義務に引っかかったりして、

    ブログ(日記)そのものが、成立しません。

     

    「明日は、アルバイト。。。」

    これ以上書いたら、守秘義務に違反し、悪くすれば法律に触れます。

    大枠で何のアルバイトかといえば、国家試験に関するものなのですが、

    実は、それすら言えないのです。

    (言ってしまいましたが)

    具体名称などもってのほかです。

     

    アルバイトなんだから、どうでもよさそうなもんなんだけれど、

    だからこそ不都合なのでしょう。

    いやはや、にっちもさっちもいきません。

     

    また別件で、一言感想を書いただけで、かつて大騒ぎになったこともあったらしい。

    らしいというのは、直接私に言われた訳ではないからなのですが、

    アホとは、距離を置くに限るということだけわかりました。

     

    結果、前回までは作品をUPするにとどめることとなり、

    「作品集」のページと何ら変わりのない内容になっておりました。

     

    やはり、このブログは「大川ひろし」WEBサイトグループにおいて、

    「『アトリエ』でのよもやま話 」という立ち位置にしたいと思っています。

     

    何はともあれ、ブログをブログらしく再開したいと思います。

        ・

        ・

        ・

        ・

        ・

    明日は、アルバイト。。。

    | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
    来世で幸せになりたければ、現世で私に貢ぎなさい。 22:22
    0

      作品集SHOPTOP

      「現世が不幸なのは、前世の因果である。」

      「来世の幸福のため、現世を犠牲にせよ。」

       

      こんなあほらしい話を真に受ける人は、少ないでしょうが

       

      「将来の幸福のため、今を犠牲にしなさい。」

      言い換えれば

      「将来の不安のために、今を頑張りなさい。」

       

      というのは、すんなり受け入れてしまうのではないでしょうか?

       

      でも、これって同じ論理ですよ。

       

      この論理の問題点は

      時間は、過去から未来へと流れていなければならないということです。

       

      「そうじゃないの?」

      って今、大半の人が思われたと思います。

       

      でも、これが見事な洗脳らしいのです。

       

      最先端物理学、量子論でも

      最先端哲学、分析哲学でも

      時間は、未来から過去へと流れていると言っています。

       

      ここで大事なことは、それが正しいかどうかではなく

      いろんな論理があるということです。

       

      さらに問題点は

      「前世」も「来世」も妄想でしかないのと同じように

      「過去」は記憶であり、「未来」は想像でしかありません。

       

      あくまでも脳内現象であり、どちらも「現在」とは異質のものです。

       

      これら、我々が認識している「過去・未来」は、「現在」と地続きではありません。

      では、「過去・未来」は、ないのかというとあると思います。

       

      「時間」と「空間」が同じものであるという考えにのっとって考えると

      今、日本にいて、ニューヨークは存在するでしょう。

      でも、今あなたのニューヨークは、記憶であり、妄想であるのと同じでしょう。

       

      妄想でしかない「未来」にとらわれてはいけません。

       

      しかし人間は、妄想と現実を区別することが難しいのです。

      どちらも、結局のところ脳内現象に過ぎないのですから。

       

      だからこそ、妄想と現実を言葉巧みにすり替えようとする輩が出てくる。

       

      少なくとも、将来の不安を煽る話には、何か裏があるかもしれません。

      | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
      「教育」という名の「洗脳」 23:31
      0

        作品集SHOPTOP

        「洗脳」とは何か?

         

        これに関しては、苫米地英人氏の定義があり

        これが、正しいとされているらしい。

         

        ネットで検索したのですが

        簡単に見つからなかったので、簡単に断念して

        とりあえずそういうことで置いといて、話を進めるとして、、、

         

        ポイントが一つあります。

        「洗脳」と「教育」は、技術的に同じ手法である。

        両者の違いは、「第三者の利益」になるものか、「本人の利益」になるものか?

        によるということです。

         

        この時点で、私の頭はぶっ飛んで

        「教育」というものそのものが、幻覚のように揺らぎ始めました。

         

        「教育」って

        親の都合、先生の都合、社会の都合、国の都合でしょう。

        もっと言えば、

        どこかにいる誰か特定少数個人の都合でしょう。

        たとえそれが、本人の利益になっていたとしてもです。

         

        話が暴発したので、昨日の話に戻すと

         

        「将来のために、今を犠牲にする」

        これは、いいことだと思います。

         

        がしかし

         いい会社に入るために、いい大学に入らなければいけない

         いい大学に入るために、いい高校に入らなければいけない

         いい高校に入るために、いい中学に入らなければいけない

         いい中学に入るために、いい小学校に入らなければいけない

         いい小学校に入るために、いい幼稚園に入らなければいけない

        そして

         出世のために、家を買うために、老後のために、、、

         

        あれ?「今」はどこにあるのでしょうか?

         

        これは、「教育」ですか?「洗脳」ですか?

         

        常に、将来の不安を煽り建てて、今に目を向けさせない。

        将来という妄想を、さも現実そのもののように見せしめる。

        これにより、誰かがほくそえんでいませんか?

        | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
        ホリエモンと孫正義の明暗 23:27
        0

          作品集SHOPTOP

          テレビを見なくなって何年くらいになるだろうか?

          7〜8年?

          10年にはなっていないと思います。

           

          でも、全く見ないというわけではありません。

          最近では

          台風・地震関連の災害情報番組は、よく見ました。

          ワールドカップクラスのスポーツは、結果だけ、、、試合そのものは見ません。

          あとはやはり、全国ニュースくらいでしょうか?

           

          別に、番組が面白くない。時間の無駄だ。とかいう理由からではなく

          ただ、体調的に見れなくなったのがきっかけだったのですが

          見なくなって、見えてきたものがあります。

           

          ところで、話が飛びます。

           

          ホリエモンが徹底的につぶされたのは、メディアに手を出したからでしょう。

          (さらには、選挙に出たこと)

          絶対タブーに手を出してしまったということでしょう。

           

          全く同じことをした孫正義氏は、どうだったのでしょうか?

          彼は一転、完全降伏して莫大な損失を負っています。

           

          それに対して、ホリエモンは、最終的に日本放送株で儲けたんですよね。

           

          あの時私は、国会でもない。政府でもない。

          得体のしれない黒い影の尻尾が一瞬、見えた気がしました。

          いや

          気持ではなく、はっきり見えたんですよね。

           

          孫さんは、ユダヤか、華僑か、その筋の友人から忠告があったのではないでしょうか?

          ホリエモンには、そのような友人がいなかった。。。

           

          ここで、話を戻して

           

          テレビを見なくなって、見えてきたものは

          やはり、テレビは国民思想を誘導する洗脳システムであるという確信です。

           

          テレビによる洗脳は、下記のようなわかりやすい事例ではなく

          非常に巧妙に、かつ緻密な計算の上で行われていますが。。。

           

          東日本大震災の時、テレビに出て

          「メルトダウンではない。福島第一原発は、安全だ。」

          と言い張ってた東大教授は、あの後どうしていたのでしょうか?

          平然と大学に戻り、教壇に立ち続けたのでしょうか?

          今は定年を向かえ、のんびりしているのか?東電にでも天下っているのか?

           

          つまらない話を書き連ねましたが

          抹殺される前に、この辺でやめときます。

           

           

           

          えっ?お前なんか相手にされないって?(T-T)ノ_彡☆ばんばん!

          | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
          グッド・コマーシャル 23:23
          0

            作品集SHOPTOPまだ発売されてないのですが

            ホリエモンさんとキンコン西野さんの共著で

            「バカとつき合うな」というタイトルの本が発売されます。

             

              あなたは自由になるべきだ。

              なぜ自由でないのか?

              それは簡単!

              バカとつき合っているからだ!

             

            お見事!

            そしてこう続きます。

             

              あなたを邪魔するバカを振り切るには?

              ちょっとの勇気と行動があればいい。

                     (アマゾン紹介文より)

             

            これだけで、十分伝わってきますね。

            そして、モクモクと勝手にイメージが膨らんでいくのを感じます。

             

             

            しばらく妄想に浸りましょう。

             

             

            そして

             

             

            十分に妄想を堪能したら

             

             

            もう買わない方がいいかな?

            ( 追伸:←があります。)
            | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
            | 1/3 | >>