http://大川ひろし.jp一般社団法人 新協美術会 委員 一般社団法人 日本美術家連盟 会員

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
8月の赤いペンギン 20:51
0

    作品集SHOPTOP

    メール1通で、いきなり目の前の世界が変わった。

    メールなんてただの情報でしかないのに、いきなり目の前の世界が壊れた。

    メールを出した人にとっては、ただのメールでしかないのかもしてないが

    そのただのメールに、奇しくも物理世界以上のモノを垣間見ることとなる。

    それは

    物理空間とは、情報空間の一部でしかないということであり

    物理宇宙が情報によりできているということの証拠に他ならない。

     

    今日、九州地方西岸に台風が来ているそうだ。

    さらに、その後を追うように過去最大級の台風が発生したという。

    これで、猛烈な暑さの続いた今年の夏も、いきなり終わるのだろう。

     

    今、ここにおいて、それらに実体などない。

     

    私の目の前に広がるであろう秋の空間は、空っぽになってしまったかのようだ。

    そこにはもはや、何の物理的要素も認識できない。

    そこは、過去と地続きの時空間ではなくなってしまった。

     

    手が止まった。

    頭が止まった。

    そして、時間が止まった。

    人間の外に絶対的な時空間などないのだ。

     

    人間には、未来を知ることができないと嘆き悲しむが

    はたして、そのことに何の不思議があるというのだろうか?

     

    ここにいては、パリもニューヨークも見ることはできないでしょう。

    同様に、過去も未来も見ることはできないだけだ。

    過去は記憶であり、未来は妄想であり情報でしかない。

    それは、パリやニューヨークといった情報も同じなのだ。

     

    名称に惑わされてはいけない。

    パリに行こうが、ニューヨークに行こうが

    その場所は、『ここ』であり

    未来にいようが、過去にいようが

    その時は、『今』なのだ。

     

    人間の認知は、ローカル座標によるのみだ。

    認知できないものは、その存在を考えること自体無意味である。

    グローバル座標とは、人間の創作物に他ならない。

     

    『今』『ここ』以外はただの情報でしかない。

    だが、そのただの情報が、世界をつくっている。

    情報が絶対的な真実であるなんてことはあり得ない。

    情報が真実であるかどうかは、思い込みに他ならない。

    ゆえに

    目の前の現実世界は、思い込みに他ならない。

    思い込みがすべてなのだ。

     

    たった1通のメールで死んでしまう未来なら

    たった1通のメール程度の情報で作り直すこともできるに違いない。

    | 日記 (ー∇ー;) | - | - | posted by 大川 ひろし -
    << NEW | TOP | OLD>>